新着情報 | 京都の工務店に新築、リフォーム・リノベーションをお任せください | 京都の工務店は株式会社 明京建設

  • 090-7968-4194
  • 075-391-1006
営業時間
9:00~18:00
定休日
日・祝

新着情報

ついのすみかを確保するべき?~家を買う理由とは~

「家は買わなきゃいけないモノ」と思っている人は多いのではないでしょうか?
家を買うべき理由を、賃貸住宅と比較しながら整理してみましょう。
どんな違いがあるでしょうか。

まず、ひとつに賃貸住宅は「気軽に住み替える」ことができます。
家族構成の変化で「もう一部屋欲しい」と思ったとき
隣人との折り合いを考えるときや、設備の経年劣化なども
賃貸住宅なら、比較的実現しやすいです。

ゴミ屋敷、騒音、過剰な監視など
持ち家で生じた隣人トラブルは、深刻な問題となりますが
賃貸ならリセットができるわけです。

そのいっぽう、賃貸住宅にもデメリットがあります。
それは、永久に家賃を払い続けるということです。
老後になって年金生活となったとき
確実に発生する家賃コストは、なかなか無視できません。

公的年金は終身受給できる大きな支えではありますが
金額の水準を見ると、日常生活のやりくりができるものではあっても
「家賃手当」相当の額は含まれていないことが分かります。

生涯家賃を選んだ場合、賃貸は生きている限り発生する
いわば「固定費」のようなもの。しっかり貯蓄してからのリタイアがポイントです。

たとえば、65歳で引退。90歳まで暮らすと仮定して
月額6万円のシンプルな部屋に住むとします。
65歳で用意すべき家賃総額は、いくらになるでしょうか。なんと、1800万円です。

つまり、持ち家の取得は、それくらいの財産価値があるわけです。
どうやら「家を買う」理由のひとつは、老後の住まいの確保にありそうです。
国策のように、住宅ローン減税がおこなわれているのも、そういった理由があります。

相続で家を手に入れることもあるでしょう。
ただし、兄弟姉妹がいれば、誰もが住めるわけではありません。
単身でも、既婚でも、40代あたりに入ると
「家を買う」ことを検討する必要がありそうです。

京都府内で、リフォーム・新築住宅の設計・施工を依頼するなら「株式会社 明京建設」へ。
長年、輸入住宅を建ててきた弊社だからこそできる「ご希望の住まい」。
デザイン性に優れ、自然に近い木造住宅。
次世代に受け継がれる家は、お任せください。

お問い合わせはこちらから





2021.08.20

pagetop